読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜田通と金子大地にやって欲しい過去のドラマ。

 

最近私は昔のドラマを漁るのにハマっている。

 

そこで『リメイクをするならばこの役は桜田にやってほしい』と思ったものがあったので金子大地を巻き込んで緩く綴って行こうと思う。

 

 

まずは桜田

桜田にやってもらいたい一つ目は、2008年放送の『絶対彼氏~完全無欠の恋人ロボット~』で速水もこみちさんが演じていた『天城ナイト』だ。

この記事を書こうとしたのはこれが言いたかっただけみたいなところもある。(というか実際これが言いたかっただけ)

 

見ていなかった人に簡単に内容を説明すると、派遣社員の井沢梨衣子が憧れの先輩に振られ落ち込んでいると、突然現れたスーツの男に「“理想の彼氏”を無料で紹介する」と言われ、理想の恋人の条件などをパソコンで入力。その後、梨衣子の家に大きな箱が届き、それを開くと中には裸の男(ロボット)が入っていて、そのロボットこそが「理想の彼氏」を具現化した『天城ナイト』であった。

というような感じで始まる物語。

この彼氏はとにかく入力した理想のタイプそのものであって、ロボットであるためか愛情表現がストレート、たまに融通が利かないので面倒なところもあるが梨衣子のことをとにかく守ってくれる。

 

何故この『ナイト』を桜田にやらせたいかと言うと、桜田がやったら絶対に可愛いからだ(断言)

まずナイトはロボットなのでセリフは基本棒読みに近い。しかし心がこもっていないわけではなく口調は優しい感じ。桜田にピッタリに思えてならない...。前にブログでも書いたが私の個人的な印象としては桜田は滑舌が良くないのか気にしてしっかり話すようにしているのか、喋りにクセがあるように感じる。普通の役だとたまにそこが気になるが、ロボット役なら全く違和感は無くなる。完璧ではないか。

そして、ナイトは基本的に微笑んでいる。自然な笑いというよりは感情の乗っていない貼り付けの微笑みのような感じ。メッッッチャ桜田にやって欲しい(ただの個人の性癖)

『初めまして、彼女』から始まるナイトのセリフなのだが、桜田が微笑みを貼り付けながらこのセリフを発した時の破壊力はきっと半端じゃないと思われる。

そしてナイトのセリフはめちゃくちゃ直球で、例えば『梨衣子ってすっごく可愛い』『ねえ梨衣子!エッチしようよ!』『愛してるよ、梨衣子』『梨衣子の寝顔見たいなあ』というような感じ。(しかも棒読み)

最っ高だ。

特に性欲を包み隠さない桜田通は見たさしかない(そういうのが嫌いな人はごめんなさい)

しかも『愛してる』とことあるごとに言ってくれる桜田通なんて最高以外の何物でもない。実際は桜田は『愛してる』とか『大好き』とか口に出してはあんまり言うタイプじゃないし、特にファンには言ってくれないので、役としてでも沢山言ってくれるのは最高のご褒美だと思う。

上記は全部1話で出てくるセリフなのだが、1話でもうここまで可愛い。しかもナイトはめちゃくちゃ健気だ。もうだんだんとワンコに見えてくる。絶対ワンコだ(?)

そんな健気な桜田を見たい。ロボット桜田がとにかく見たい。ワンコ桜田も超見たい。

 

この『絶対彼氏』でいうと、水嶋ヒロさんが演じていた上司の役が個人的には最高に好きなのだが、桜田は是非ロボットでお願いしたい。

 

 

そしてもう一つは、『木更津キャッツアイ』で櫻井翔くんが演じていた『バンビ』か岡田義徳さんが演じていた『うっちー』だ。(関係ないけどあの時の翔くんのビジュアル最高に好きだったな...)

 

これは内容説明は難しいが、岡田准一さん演じる『ぶっさん』が余命宣告を受け、死ぬまで仲間達と野球したり酒を飲んだり泥棒したりする、田舎の若者たちの日常を描いた作品だ。これは説明を聞くよりも見る方が何倍も面白いし楽しいので細かい説明はしないから見て欲しい。

 

まずバンビは見た目チャラくてイケメンなのに、童貞でひたすら一途だ。モー子という女の子にずっと片思いしている。途中でモー子と付き合う事になるが彼女になったモー子にめちゃくちゃ甘い。最高に可愛い役だと思う。チャラくて童貞で一途で彼女に甘い桜田を超見てみたい。

ただバンビを演じた翔くんは茶髪だったのだが、個人的に桜田は黒髪派だから黒髪のままバンビをやって欲しい(ワガママすぎる)

 

一方、うっちーは仲間5人の中で1人だけ留年して年齢が1つ上で、家庭環境が謎なので皆から気味悪がられて不遇な扱いを受けているが、めちゃくちゃ運を持っているという最強キャラ。

会話が苦手で喋る時に絶対どもる。こういうクセのある役も桜田にやってもらいたい。志方もクセのある役だったけれど、うっちーはそれとはまた少し違った、愛される系のキャラだ。

そしてなんと言っても、うっちーは木更津キャッツアイの映画の『世界シリーズ』の方で自衛隊に入隊して喋り方が流暢になる。このギャップがすごい。ぜひ桜田にやってもらって、うっちー可愛い♡ってなっていた女子を落として欲しい。映画の日本シリーズまではどもりキャラなのに、突然世界シリーズで進化するもんだから、わりとやばい。

ドラマを知らない人からしたら9割がた何を言っているかわからないだろうからスルーしてもらって全く問題ない。

 

これが私の桜田にやって欲しい役だ。

 

 

 

そして、金子大地にやって欲しい役。

金子大地は以前C CHANNELというネット配信ドラマの『恋って選ぶものですか』でやっていた藤川くんという役が個人的にドンピシャな役だったので、ああいった忠犬ハチ公的な年下子犬男子を地上波でもやって欲しいという願望がある。

 

そこで、私が金子大地やって欲しいのは『きみはペット』の"モモ"だ。

わりと本気の方でやって欲しかったので、志尊くんが既にやっていると知った時(超最近知った)はガチ凹みした←

私は松潤の方の『きみはペット』しか見ていないのだが、本当にこの松潤が可愛くて仕方がなかった。(っていうか2003年のきみはペット、キャスト豪華すぎてすごいよなっていう脱線話。)

年上お姉さまに飼い慣らされる無邪気な金子大地なんて、見たさしかないし、『恋って選ぶものですか』でワンちゃんの真似も完璧だったから絶対に似合う。服従のポーズ(『きみはペット』1話参照)とか金子大地がやってたら逆にこっちが服従する。というかこんなに可愛らしいものを見せて頂き光栄でございます、って気持ちになって頭が上がらない。

スミレちゃん(ご主人様)に彼氏が出来て嫉妬してイタズラするモモも可愛すぎる。

『~~だもん!』とか『いい子で待ってたでしょ、撫でて?』とかいって目をキラキラさせる金子大地、想像しただけで犬小屋(35年ローンの一軒家)建てる。

 

というかこれ書きながら全く何も考えていなかったけれど、松潤と金子大地は『ナラタージュ』で共演するではないか…。感慨深すぎる。

 

 

そして、もう一つ金子大地にやって欲しいのは、『プロポーズ大作戦』で山下智久さんが演じていた"岩瀬健"という役。

プロポーズ大作戦は、好きだった幼なじみの"吉田礼"が結婚してしまい、過去に対する大きな後悔から、過去をやり直す、という物語だ。

なぜこの役がやって欲しいかというと、私がこのドラマが過去で一番好きだからだ。←

不器用ながらも"礼"の願いを必死に叶え、過去のダメな自分と向き合い、ほんの少しずつ、過去を変えていく"健"のひた向きな姿と、たまに礼に見せる優しい微笑みと、不器用だけど一生懸命な姿、仲間とのアホだけどとびきり楽しそうな掛け合い。

全てが大好きで、本当はリメイクなんかしないで欲しいけれど、もしもやるなら金子大地にやって欲しい、という思いがある。

元々、口下手そうな金子大地だからこそ、不器用な健の役がきっと似合うと思うし、金子大地の優しい微笑みが個人的に大好きな表情なので、是非とも見せて欲しい。

それと、健は高校時代は野球部だったので、ユニホームを着るシーンがある。金子大地の野球のユニホーム見たい。(見たい)

あと、このドラマ、とにかく山Pがめちゃくちゃ走る。全力疾走シーンがとにかく多い。金子大地の全力疾走が見たい。男の全力疾走は恋愛ドラマ・映画の定番だと思う。やって欲しい。

というか、見たことがない人は普通に見て見て頂きたい、このドラマ!内容もキャストも大好きで、私の幼少期の憧れの青春はこのドラマに詰まってたのだが、プラスして、曲がめちゃくちゃ良い。挿入歌のモンゴル800の『小さな恋のうた』と、主題歌の桑田佳祐さんの『明日晴れるかな』は聞く度に最高だなと思うし、この曲を聞くと必ずまたドラマが見たくなる。

と、ただのドラマおすすめになってしまったが、このドラマは脳内で金子大地に変換しても楽しいし、普通に見ても最高に青春したくなる。

 

 

 

ここまで2つずつやって欲しいドラマを挙げたが、全く共感できない方も居ることは承知しているし、共感してほしいとも思っていないが、過去のドラマは置き換えという楽しみ方もあるのでやったことのない方は1度試してみて欲しい。意外と破壊力が凄くてたのしい。

 

そして、この様な役に限らず、沢山の役をやって欲しいし、好きな人の色々な姿が見られることが役者ファンの醍醐味であると感じているので、2人には沢山の役柄をこれからもやって欲しい。

それも、毎回違った性格の。

そうしてワクワクさせ続けて貰えることが、私の一番の幸せだ。

ハンサムの彼らも好きだが、やはり私は『役者』である桜田通と金子大地をこれからも応援していきたい。