読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sakura da Festa 2017(サクフェス)東京公演

3/31、サクフェスの東京公演に行ってきました。

大阪名古屋はスケジュール的に無理だったので東京のみでしたが、、。

感想としては大満足。

 

 

正直に言うと、今回のサクフェスは自分のモチベーションなどもあってあまり楽しみではなかったです。

というか、どおりいぬキーホルダーが大阪名古屋限定販売の時点でキレてました。

東京しか行けない人も居るのに何故!?って思っていましたし、今でもこれは思ってます。

 

ただ、そんなことはどうでも良くなるくらいに、東京の特に夜公演は熱かった。

 

(一つ文句を言わせて貰うと昼公演でペンラ持った人が近くに居て1人なのにめちゃくちゃうるさかった...いちいち静かになる度に『通大好き!』とか叫んでいて、そんなことは握手会で伝えてくれって思いました。浮いてたよ、、気づいて、、)

 

 

セットリストを一応載せておくと

 

___

 

1.チルドレンコード

2.ナツコイ

3.サイケデリックブギーマン

4.EMMA

5.平行線

6.嘘の火花

7.アオイシグナル

8.それでいい

9.在るべき形

8.NOISE

9.涙realize

 

アンコール

1.DEAR MY GIRL

2.きっと今日より

 

ダブルアンコール(東京のみ)

挨拶

 

トリプルアンコール(東京のみ)

1.EMMA

 ___

 

でした。

 

私は昼公演は前から4~5列目のドセンターに、夜公演は柱の横のステージ向かって右側に居ました。

開演後、始まる演奏とレーザー、付いて消えてを繰り返す照明で、目と耳を攻撃されている(?)ところに勢いよく桜田登場。

 

この時点で私は泣きそうでした。

sakura da festaを、桜田通を、見くびりすぎて居たと思い知りました。

 

目の前に現れる桜田通の迫力.....

 

握手会には行っていたし、ゼロ距離で目の前にいる桜田を経験していたはずなのに、ステージに立つ桜田の輝きに息を呑みました。

去年もサクフェスに行っていたし、今年よりも前の列で見れていたのに、去年よりも感動が凄かった。

 

そもそも、私が何故今年のサクフェスに対するモチベーションが低かったかと言うと、桜田のファンを辞めようか悩んでいたからです。

クズの本懐が始まってから私の周りでも確実に桜田のファンが増えて、自分的にずっと桜田のモチベーションが上がらず、クズの本懐を見る度に暗い気持ちになってしまい、好きなものを見て暗い気持ちになるなんて本末転倒じゃないか、と思っていたのが原因です。

自分だって新規の時があったし今でも昔からのファンの方から見れば新規と変わらないことも重々承知しているのですが、クズの本懐から、というのがどうしても受け入れられなくて、桜田が本当に大切にしている『麦』というキャラが大嫌いになった時期もありました。クズの本懐の内容が過激だから嫌いなのでは無く、麦を好きで桜田ファンになる人が嫌いでした。それはきっと桜田の望むこととは違うし、自分もそんな気持ちでファンでい続けたくないし、自分でも受け入れられない自分が嫌で仕方ありませんでした。

こんな事でずっと嫌な気持ちになってしまって、桜田を見る時間が一番の娯楽だったはずなのに、最近ではそれが一番苦しい時間になってしまい、『サクフェスが終わったら桜田のファンは辞めよう』と本気で思っていました。

 

だけど、サクフェスの桜田を見たら、ファンを辞めるなんて無理だと痛感しました。

桜田通を舐めすぎていた。

 

LIVEが始まってから気づく桜田の視線。会場全体をしっかりと見回して、全ての方向にいる全ての人をしっかりと見つめて居ました。

桜田通はそういう人間だと知っていたつもりなのに、私は何も分かっていなかった。

ファンが増えればメディアへの露出も増え、露出が増えればファンも増える。そうしてどんどん桜田通が遠くなっていってしまう。きっと私はそれについていけない。

そう思っていたけれど、きっと桜田は誰も置いていくつもりは無いのだとステージに立つ桜田を見て感じました。

『誰一人置いていくつもりはありません』とよく聞くセリフだけれど、それを言う人たちを見て、本当に置いていかないのだと思ったことは1度もありませんでした。

そんなこと言ってもきっとどんどん遠くへ行くのだろうな、と思っていました。

でも、桜田は『誰も置いていかない』なんて言わずに、そう思わせてくれました。

この人ならばどんなに大きくなっても、新しいファンも昔からのファンも全てのファンを大切に思ってくれるだろうと。

それはパフォーマンスからもMCからも感じました。

 

 

 

 

と、私の闇の部分を長々と語りすぎましたが、本当にサクフェスすごかったです!!

何がどう凄かったのかを言葉にするのは難しいけれど、本当に最高でした。

 

チルドレンコード始まった時から『桜田って絶対地上に舞い降りた天使だよな』と思っていました。

 

私が一番好きなところは、曲の合間に入るMCで桜田が「後半も盛り上がっていこう」的なことを言い、『NOISE』が始まった時、歌が始まると同時に、しんちゃん、みなみくん、桜田、の3人が一斉に台に乗るところです!!

昼公演でそこを見てなんだか分からないけれどすごく胸が熱くなりました。

 

 

そしてサクフェスで思ったことは、桜田ファンってジャニーズから流れてきた人や掛け持ちしてる人が多そうだなということです。

EMMAが始まった時の歓声がすごかった(笑)

(平行線も結構歓声あがってたけどEMMAがすごかった)

去年もGUTS!の時歓声すごかったしな~と思いながら聞いて居ました。

夜公演ではダブルアンコールの時かな?流れていたEMMAでみんなが掛け声をしたり歌を歌って、すごいな、と思いました。

(私はwoh wohみたいな掛け声を真似して言うしかできなかった)

 

 

でもそのおかげでトリプルアンコールでは歌う予定では無かったというEMMAを聞けて、最高でした。(みんなありがとう)

何が最高って、歌い終わってから桜田がファンに向かって『本当に悪い女(笑)』と言ったことですよね!?

あれはファンを殺しにかかってましたよね!?

『あんたが悪い男だよ!!!』って心の中で超絶叫びました。

 

桜田って、ファンにありがとうとか感謝はすごく伝えてくれるけど、大好きとか愛してるみたいなくさいセリフを言って喜ばせるとか絶対しないから、『悪い女』はご褒美すぎましたよね!?あれで数人死んだんじゃないかと本気で思ってます。(私は死んだ)

 

 

去年に引き続きのLIVEイベントで、何を歌うのかとか、去年と同じようなことをしてマンネリ化しないだろうかと心配をしていましたが、まさに余計なお世話でした。

マンネリ化どころか確実にパワーアップしていました。

sakura da festaを舐めすぎていた...

 

 

関係者席にいた航生くんと吉本実憂ちゃんも見ることができてラッキーでした。
航生くん、みんなにバレてキャーキャー言われて『しー!』ってポーズしてて最高に可愛かったし、吉本実憂ちゃんも実物めちゃくちゃ可愛いかった!

 

 

とにかく最高の大満足のイベントで、桜田ファンはしばらく辞められそうにないと思いました。

 

 

 

引き続き桜田通を(金子大地と共に)追いかけようと思います。

 

 

 

 

じゃ(TωT)/~~~

桜田通と金子大地

私は桜田通と金子大地が好きだ。

 

桜田通は前回のブログのような経緯で、金子大地は2016のハンサム前のハンサム塾を見て好きになった。

 

桜田は、色白で線が細くてどちらかというと中性的な印象。

大地は、ザ青年という感じで石賀くんとの絡みの印象も『あ〜こういう男子高校生いる』っていう感じ。

この2人に繋がる共通点がいまいち見当たらない。

(個人的にはふとした時の口元、口角がものすごく可愛いのは繋がりと思っている)

 

外見もそうだが、得意分野にしても、

桜田はダンスや歌の面ではハンサムの中でも『出来る人』の方に入るが、正直演技の方はそれ程でもない。(というか滑舌?喋り方の癖がある気がしてそこが私は気になる。桜田通が抜けきれない感。)

一方、大地はハンサムメンバーから『大地は先輩ハンサムにダンスを注意された』とバラされていたように、ダンスがあまり上手くない。まあ、これに関してはダンス歴もあるだろうけど、先輩ハンサムに1人注意されるほどということは恐らく苦手なのだろう。けれど演技は結構うまい方だと思う。演技経験も少ないだろうに、「胸きゅんスカッと」の時の怒鳴りの演技も違和感なく声を出せていたし自然な演技が出来ているという印象。

 

これに関しては自分自身がプロではないので間違ったことを言っているかもしれないが私の印象としては、得意分野も逆な感じがする。

 

性格については金子大地がブログや個人のSNSをやっていない為どうにも言えないが、似ているという感じはしない。

 

じゃあ私は何でこの2人が好きになったのか?

 

そう考えると全ては

 

『可愛い』

 

ここに繋がる。

 

スペックなどは応援するにおいてそこまで重要ではない。歌が下手でも、ダンスが下手でも、演技が下手でも、好きな人は好きだ。

だから私は桜田の演技も好きだし、大地のダンスも好きだ。

 

じゃあなぜ好きかといえば2人ともどちゃくそ可愛い。

 

桜田はまず顔が可愛い。女の子なのでは?と思うほどに顔が可愛い。ゴリ押しする。顔が可愛い。二重幅も可愛いし、下まつげが多いのも可愛いし、上唇の富士山型がしっかりしてるのも可愛いし、眉毛がめちゃくちゃ整ってるのも可愛いし、鼻も(本人は好きじゃないって言ってるけど)すごく可愛いと思う。

次に写真撮る時が可愛い。絶対にほぼ確実に真顔なのが可愛い。カメラ向けられると表情が抜け落ちる呪いかけられたのかと疑うけど可愛い。撮るぞ、と構えた写真で笑顔の写真ってほぼないのでは?可愛すぎる。

そして口が可愛い。特に歌う時「い」の発音する時「う」みたいな口をしている。可愛い。それだけじゃなく基本的に歌う時のお口は可愛い。大きくハッキリ口を動かしている。可愛い。

そして、自分に超絶自信ないところが可愛い。『なんで僕なんかを見に来るのか分からない』『吉沢亮神木隆之介の応援するのは分かるけど僕を応援するのは分からない』(ニュアンス)と言ってしまうネガティブ野郎コノヤロウ。はやく自分がイケメンで性格も良くてファンが確実に増えている事実に目を向けろ。そんなことろも可愛いけどさ!大好きだけどさ!はやく気づけ!(口が悪くなるのは愛ゆえ)

あとは好きな人は好きってめちゃくちゃ言う所が可愛い。俳優のお友達にしても、スタイリストさんヘアメイクさん美容師さんにしても、好きな人をとことんブログに登場させるのが本当に愛らしい。『大好きなんだね(ニコニコ)』って孫を見守る祖母の気持ち。

それで言うと桜田の植原卓也病が最近はあまり見られなくて悲しい。去年のハンサムは秀くんゴリ押しだったね。それも大好きなんだけど、あれだけたっくんたっくん言ってた子が離れたらたっくんも少し寂しいと思うから構ってあげてね(だれおま)。

 

大地も顔が可愛い。イケメン顔なんだろうけど可愛い。特に口。口角を上げる笑い方をするのが本当に可愛い。あの顔で『お前ブスじゃね?』って言われても超笑顔で許す。天使の微笑みだと思う。

そして、アミュモバでの石賀くんとの絡みで明らかになっていく言動の可愛さ。。。

これは本当にギルティだと思うし語り尽くせる気がしてないけれど、まずカズキッチンの親子感。確実にママ(石賀くん)のお手伝いをする「だいちくん(5)」だった。お母様とのエピソードも微笑ましすぎて頬筋ちぎれるくらい微笑んだけど、石賀くんがイチゴで作ったものがサンタさんだと気づいた瞬間。おめでとうございます、優勝です。地上波の視聴率100%です。そして作り始める謎のブルーベリータワー、、、。まさにギルティ。5歳児爆発してました。

そしてバスケ対決。はじめのスウィッシュ?ノータッチシュート?(リングに触れないシュート)を完璧に綺麗に決めたのはカッコよすぎたし、これは石賀くん可哀想なのでは!?と思うくらいだったのに、何故か自分からハンデを付け、負けるというアホ可愛さ。負ける前2-0で追い詰められた時の『もうちょっと近くで打っていいっすか、、』『ちょっと強がっちゃった』が本当に本当に可愛くてお小遣いあげたくなった。そして負けて悔しいが止まらないのも可愛い。

そして、サッカー対決。石賀くんがサッカーに対して自論を熱弁してるシーンで石賀くんの背中越しに見える金子大地はサッカーゴールで懸垂しています。可愛い。石賀くんの話し聞け。可愛い。そして勝った時のウザい動き。嬉しくて走り出しちゃう大地。可愛いの詰め合わせパックかよ。

最後にトドメのボーリング。ストライクとスペア出しまくるイケメンっぷりと、決まった時の嬉しそうな顔。総じて可愛い。ニヤニヤが止まらない大地が可愛い。

この三本勝負は本当に企画者さんに一生頭が上がらない最高の仕上がりだったし、なにより嬉しい、悔しい、が表情と行動にダダ漏れの金子大地は控えめに言って大天使。

見ていない方が居るならば今すぐに見てほしい。というか世界中の人に見て欲しい。あの天使が月額324円で見られる優しい世界です。

 

 

 

長くなったし結局何が言いたいのか分からなくなったけど私が力尽きそうなのでまとめると、ぱっと見やスペックは似ていない2人だけど、2人とも超絶可愛いのは紛れもない事実。

 

きっと彼らは地上に潤いを持たせるために神が授けた天使。

 

 

 

私って天使を推してたんだ。最高じゃん。

 

 

 

あ、あと知ってました?

桜田って新人ハンサムだと金子大地を推してるらしいですよ。

(握手会レポで知ったけど、聞いてくださった方が天才すぎるから100万円あげたい。)

 

世界がオタクに優しすぎる件について。

 

桜田通と金子大地の共演、会話、心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

おわり。じゃ(TωT)/~~~

 

 

 

私が桜田通を好きになったワケ

まずはじめに、

私は桜田通への思いを日々Twitterに綴っていたが、さすがに毎日長文ツイートでひたすら語彙力の欠片もない文をフォロワーに晒しているのが申し訳なくなったので、誰も見ない、見たとしても匿名の関わりのない誰かにあてて、気持ちをはてなブログに綴ることにした。

 

やっと長文で思う存分なんでも書いていいとなると、やはり初めから書きたくなる。

ので、私が桜田通を知ったところから綴っていこうと思う。

 

 

 

私が桜田通を知ったのは2015年の1月だった。彼を知るきっかけを作ったのは、神木隆之介だ。

当時、私は神木隆之介が出演していた『学校のカイダン』というドラマを見ていた。

そこで神木隆之介がかっこいいと思いインターネットで彼について調べはじめたのがきっかけだ。

 

色々と調べた後、YouTubeで『THE GAME』の動画に辿り着いた。( 違法アップロードなので言いづらいがDVDもその後買ったので許して欲しい... )

一番最初に「KING’S GAME」を見たのだが、なんとも言えない映像の雰囲気と俳優たちの演技に惹き込まれた。

そこで他の話も見ていくうちに辿り着いたのが「キュンファイ」。

そこで桜田通という俳優を初めて見た。

 

はじめの感想は「地味な人」「若干三浦春馬に似ている」くらいだった。

正直なところ顔はタイプではなかったし今まで好きになった芸能人とも系統は違った。

しかし「人生のゲーム」を見て何故かとても桜田通に惹かれた。

演技が特別良かったわけでも無いし、カッコイイことをしていたわけでもない。

でも何故か私は視聴後すぐに『桜田通』で検索をかけていた。

そして最近の写真を見ると『THE GAME』の時よりも格段にかっこよくなっていた(気がした)。

 

色白で長身で下まつげが多い、線が細くて手がとても綺麗な美青年、という印象。

 

どうしてここまで昔と印象が違うのかなかなか不思議なところだが、本当に一気に印象が変わった。

私の今までのタイプと違うことには変わりはなく、むしろ真逆のタイプなのだが、見事に落ちた。

そこからはズブズブと沼に迷うことなくハマっていった。

まずブログを漁り、3日かけてアメブロに移動してからのブログを全て読んだ。(めちゃくちゃ面白かったしそれまでアニメの方のオタクだったからニャル子さんとかけいおんの話とかしててめっちゃ親近感湧いた...)(ラブライブはゴメンだけど1話で切ったから見てない...)

 

ブログを読み終わった頃には完全にファンになっていて、丁度その頃、『サイケデリックペイン』のチケットの先行発売(一般だったかな?)がされていたことに気づきすぐに購入した。

 

その後アスマートで買えるDVDや本など全て買い集めた。(販売終了してしまった舞台DVDもどうしても欲しいものは少々高い中古を買ってしまった...)

 

とまあ、ハマったら昔から今までを出来るだけ多く知っておきたい系のオタクな私が桜田通に落ちるまではこういう道のりだった。

 

彼は芸歴長いしずっと応援してる強いファン沢山いると思うので2年やそこらの私はグズの本懐からの新規と同レベルのド新規だと思ってるけど、桜田を好きになってから割と本当に毎日が楽しくなっています。

 

 

 

 

(ブログの〆かた分からない)

 

 

 

おわり。じゃ(TωT)/~~~